50代女性のロングヘアは痛い?ストレート/前髪あり/やってはいけない髪型を調査

50代の美容
アイキャッチ

美しい髪質や流行のヘアスタイルは、どんな女性でも気になる美容ポイントの1つですよね。

その人の魅力をより引き立てたり、髪質を生かしたあか抜けヘアスタイルなどがあったりしますが、

50代女性の髪形についてはどうでしょう。

たとえば50代女性にロングヘアは痛いのでしょうか?

今回この記事では

  • 50代女性のロングヘアは痛いのか?
  • 痛い人の特徴はどこ?
  • 痛くない人のポイントって?
  • 50代女性のやってはいけないロングの髪型ってある?
  • ストレートロングはどう?
  • 前髪ありのロングはどう?
  • センターパーツ(まんなか分け)のロングはどう?
  • 若く見える髪型はどんなの?

についてリサーチしてまとめてみました。

さっそく50代女性のロングヘアは痛いのかどうか?みていきましょう!

50代女性のロングヘアは痛い?

50代女性のロングヘアは痛いのでしょうか?

私の友人やすれ違う街の人を観察したり、インターネットでリサーチを重ねたりした結果、

分かったことがあります。

50代女性でのロングヘアは痛い人と痛くない人がいるということです。

50代女性のロングヘアで痛いと感じられてしまう理由には

「若作り感が痛々しいから」という周囲の思いが隠れているのかもしれません。

私個人としては、自分の好きなヘアスタイルをすればいいと思います。

今回の記事は「ロングヘアが好き!」もしくは「ロングヘアに挑戦してみたいけど

人の目は気になる…。」というあなたにぴったりの記事ですよ。

痛いと思われてしまう人と痛くない人の違いや特徴をご紹介していきます!

 

痛いと思われてしまう人の特徴

最初にロングヘアが痛いと思われてしまう50代女性の特徴をみていきましょう。

リサーチしたところによると、

  • 全体的に毛量が少ない、地肌が透けて見える
  • 生え際のボリュームがなく分け目がパックリわかれている
  • 髪がお手入れされていない
  • 顔が老けている
  • 髪型自体が古い
  • 髪色が均一でなく美しくない
  • 毎日下の方で1つ結びにして済ませてしまっている

 

毛量が少ない、もしくは生え際が薄くなっているロングヘアは、疲れて見えたり、

やつれた印象を与えてしまうことも。

また50代女性の髪は、歳を重ねることでホルモンバランスに変化があり、

若いときにはなかったうねりやクセが出てきてしまうことが多くあります。

そして毛先が乾燥してパサパサだったり、髪全体にコシやツヤがなかったりすると

一気に生活感を感じてしまいますね。

年齢的に白髪が多くなってくる方もいるでしょう。

しかし忙しくてなかなか美容院に行けず、つい伸ばしっぱなしになったり、

自分でやった白髪染めで髪色がムラになっていたり…。

顔が老けているなんてちょっとショッキングな言葉ですが、長い髪を大切にするのと同じように、

お肌のお手入れもするべきということでしょうか。

 

また低い位置での1つ結びも、ヘアアクセサリーなどでいくらでもステキなアレンジになると思います。

しかしここで特徴の1つとして挙げられているのは、

そのあたりにあるゴムで適当にまとめただけ、という髪型のことでしょう。

ロングヘアと、自分の髪質や髪形に無頓着になってしまっている状態とが、

かえってお互いを悪目立ちさせてしまっているようですね。

痛いと感じるのは人それぞれの感覚によって違うものなので、絶対とは言い切れませんが、

特徴に多く当てはまる人は少し気をつけたいですね。

 

私はショートカットですが、忙しくてなかなか美容院に行けないこと、

ホームケアで白髪染めをしていることなど、特徴に当てはまりすぎて耳が痛い…と感じてしまいました。

ショートカットよりも念入りなお手入れが必要なロングヘアです。

ステキなロングヘアを楽しみたいあなたは、次にご紹介する「気を付けるポイント」を参考にしてみて下さいね!

痛くならないために気をつける6つのポイント

ロングヘアで自分をより魅力的に見せるために、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

さまざまな芸能人やモデルのヘアスタイルを検証してみると、

痛くないロングヘアのポイントは6つあるように考えられます!

 

  • 髪色を明るくし過ぎず、ツヤのあるダークブラウンくらいの髪色にする
  • しっかり髪のお手入れをしてツヤ・コシを保つ
  • 生え際のボリュームを増やしトップがぺったんこにならないようにする
  • 毛先だけ自然に巻いたりしてヘアスタイルに適度な動きを出す
  • 定期的に美容院に行き、ヘアスタイルのアップデートをする
  • アップスタイルでも上品に美しくまとめる

 

まず大切なポイントは髪色でした。

明るすぎる髪色はただでさえパサついた髪に見えやすく、50代の顔立ちに似合わせるのもなかなか難しそうですよね。

髪の色はあまり明るすぎないる色合いのブラウン系からダークブラウン系がおすすめです。

自然で落ち着いた雰囲気があって髪のツヤも出やすいですし、

50歳前後の女性の肌もキレイに見せてくれることが嬉しいポイントです。

モデルの草間淑江さんもキレイなロングヘアでとても美しいですよね。

髪の毛のツヤやコシを保つこと、生え際のボリュームを増やすためには、

髪の毛のケアと同じように地肌ケアも重要になってきます。

地肌ケアには

  • 血行促進のための頭皮マッサージ
  • 頭皮の健康に着目したシャンプーを選ぶ

などがあげられます。

 

またトップや毛先にカールをつけて髪の毛に動きを出してあげると、より軽やかなイメージになれますよ。

定期的に美容院に行けば、美容師さんの客観的な意見も参考にヘアスタイルを決められますし、

お手入れのモチベーションも上がりますね。

 

女性は自分が一番輝いていた頃の髪形をずっとキープする傾向があると聞いたことがあるのですが、

あなたはいかがでしょうか?

私は歳を重ねるにつれて、「いまの髪形は本当に自分に似合っているのかな?」と

分からなくなることが増えてきました。

ですので、客観的な意見や流行も取り入れられるよう、美容師さんの意見も聞いてみるようにしています。

 

そして髪がきれいな人のアップスタイルは清潔感があってよりステキに感じますよね。

へアアクセサリーにこだわってみるのも楽しみが増えるでしょう。

「そのヘアアクセサリー、センスいいね!」なんて言われたら嬉しいですよね。

 

ロングヘアで気を付けるべきポイントを6つご紹介しましたが、

これらのポイントに気を配っていてもなかなか難しいロングヘアの髪形もあるようです。

どんな髪型なのかみていきましょう。

 

50代女性がやってはいけないロングの髪型は?

さまざまな気を付けるポイントをおさえても、50代女性がやってはいけないロングの髪形があるのでしょうか。

やってはいけないと言うよりかは、「似合う人が少ないかもしれない」

「チャレンジするのに難しいかもしれない」という観点でいくつか考えてみました。

難しいかもしれない髪型は「ストレートロング」「前髪ありのロング」

「センターパーツ(まんなか分け)のロング」の3つが浮かび上がってきましたよ。

番外編では若く見える髪型もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ストレートロング

50代女性のロングヘアの中でも、ストレートロングはなかなか難しいヘアスタイルの1つです。

毛先までまっすぐのストレートロングは、

髪の重さでトップや分け目がよりぺったんこになりやすく、疲れた印象を与えやすいようです。

すとんと落ちるストレートなさらさらロングより、

50代女性にはある程度カールをつけて動きのあるヘアスタイルにした方が良いでしょう。

髪にカールをつけて立体的に仕上げた方がボリュームも出ますし、雰囲気もグッと華やかになりますよね。

50歳前後でロングヘアの芸能人やモデルをリサーチしても、トップをふんわりさせて、

毛先は軽く巻いている髪型が多くみられましたよ。

 

前髪ありのロング

前髪ありのロングヘアも、50代女性がするロングヘアの中では難しい髪型と言われいます。

短めや重めの前髪は可憐で幼い印象を与えますが、50代女性にはそのイメージはあまりふさわしくありません。

感覚は人それぞれですが、なかには「若作りしている」と思われてしまう可能性も考えられます。

パツンと切った前髪より、サラッと横に流すような前髪にすると大人の余裕を感じられますし、

より雰囲気のある美人になれますよ。

前髪は顔の印象を変えるとも言われていますから、どんなデザインにするか慎重に考えたいですよね。

センターパーツ(まんなか分け)のロング

センターパーツ(まんなか分け)のロングヘアも50代女性には難しい髪型と言われています。

前髪を長く伸ばしてまんなか分けにすると、顔が前面に押し出される印象になります。

よほどお肌や顔立ちに自信がある方でないと、なかなかチャレンジしにくいのかもしれませんね。

またセンターパーツ(まんなか分け)にすると、トップの分け目が下に引っ張られてしまうので

ボリュームが出にくく、老けた印象につながってしまうことも考えられます。

番外編!若く見える髪型はどんなもの?

じゃあ一体どんな髪型にしたらいいの?!と迷ってしまいますよね。

髪型くらい好きにさせてほしいとも思います!

忙しい毎日を送りながらもいつもステキでいたい、

できればお手入れも楽なのがいい…なんて思うあなたには

 

  • ショートカット
  • ボブ
  • セミロング

 

の3つの「若見え髪型」がおすすめです!

髪に蓄積したダメージがあったり、ホルモンバランスが変わる関係でうねりなどが出てきたりする50代の髪に、

ショートカット・ボブはとても相性の良い髪型です。

髪が短いのでトップにボリュームを出しやすく、適度な動きもつけやすいですよ。

なによりシャンプーやドライヤーからくる摩擦や熱ダメージが軽減できますし、

お手入れもカンタンです。

私もずっとロングヘアでしたが、思い切ってショートカットにしたら「若く見えるね」

「顔が小さくなってスタイルが良く見える」と好評で、嬉しくなった経験があります。

 

どうしても短くするのに抵抗がある…というあなたは、セミロングくらいの長さもおすすめですよ。

ロングヘアより毛先が痛みにくくお手入れも楽ですし、女性らしいイメージもそのまま残ります。

まとめ

今回は50代女性のロングヘアは痛いのかどうか、

ステキなロングヘアのポイントは何なのかご紹介してきました。

50代女性が挑戦するのに難しいかもしれないロングヘアの髪形も、中にはありましたね。

さまざまな意見はありますが、お手入れを欠かさず清潔感が保てるなら、

好きな髪型を思い切り楽しむのがいいのではと私は思いました。

豊かな髪は古代から美しい女性の条件とされてきましたし、

現代でもボリュームのあるロングヘアは50代女性を美しく見せてくれるでしょう。

番外編では若く見える髪型もご紹介しましたのであなたの参考になれば嬉しいです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました