50代の結婚式お呼ばれネイル!親族におすすめのデザインとカラーを紹介

50代の美容
アイキャッチ

50代になってから結婚式にお呼ばれ・出席するというと、どんなケースがあるでしょう?

友人の式というケースは年齢的に少なくなってくるでしょうし、

会社の同僚や後輩・部下などの結婚式も、それほど多くはなさそう。

とすると、自分の娘・息子の式、甥っ子姪っ子さんの結婚式など、親族として出席することが

やはり一番多くなってくるのではないでしょうか?

私自身も実は、アラフィフのこの数年で立て続けに甥っ子の結婚式に出席しました。

そして結婚式に親族として出席する場合、なんだかいつも以上に服装やヘアスタイル、

ネイルもどんなものを着けていけばいいのか?と、気になってしまったのを覚えています。

 

そこでこの記事では、

  • 50代親族の結婚式お呼ばれネイルおすすめカラー
  • 50代親族の結婚式お呼ばれネイルおすすめデザイン

について、セルフでも比較的やりやすいものをご紹介していきます。

50代親族の結婚式お呼ばれネイルおすすめカラーは?

ベージュ系ネイル

50代の方が親族として結婚式にお呼ばれした際におすすめするカラーとしては、

まずベージュが挙げられます。

私もサロンで、お客様に特に希望がないという場合には、まずベージュを進めちゃいますね。

肌の色に近いベージュカラーなら上品で落ち着いたイメージがあり着ていく服も選びませんし、

指が長く美しく見えるという利点もあるからです。

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

ワンカラーでちょっと寂しいという場合には、片手に1本ずつラメの一色塗りを混ぜてみるだけで華やかに。

ゴールドカラーを使えばおめでたさも演出できますね。

この写真はジェルネイルですが、セルフで一日だけマニキュアを…という場合にも、

ベージュカラーなら少々はみ出しても目立ちにくいですし、

ラメのマニキュア(ポリッシュ)は、ムラが目立ちにくいのがおすすめです。

 

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

同じベージュカラーでも少しピンクみのある色に白いお花を少しだけ散らして、

ラメをさっと掃くように乗せたデザインは、和風のイメージで留袖にも合いそうです。

自分でやるのは難しそうに見えるかもしれませんが、お花はシールですし

ラメも筆をさっと払うように乗せているだけですので、意外と簡単です。

 

ピンク系ネイル

50代の方が親族として結婚式にお呼ばれした際のネイルカラーとして

次におすすめなのは、ピンク系です。

ネイルといえばやはり一番使われるのはピンク系のカラーですから、

よほど奇抜な濃い色や見るからに可愛らしいピンク色を使わなければ、安心です。

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

こちらは自然なピンクベージュのカラーをベースに、花びらのようなペイントと、

ラメとストーンを控えめにのせたデザインです。

お花を描くのが難しければ、シールでも代用できますので100均などで探してみましょう。

 

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

こちらは少し色味が強めのピンクですが、決して派手になるわけでなく、可愛すぎないのでおすすめです。

1本だけエレガントな花模様が入っていますが、こちらもシール(写ネイル)なので、

セルフでも簡単にできますよ!

赤系ネイル

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

赤とゴールドの組み合わせも、おめでたさが感じられる色合わせですよね!

特に茶系やボルドー系に近い赤はゴールドとの相性も抜群ですし、子供っぽさもありません。

親指は少し凝ったデザインですが、

砕いた貝殻(クラッシュシェル)をちょこっと乗せるだけでも、アクセントになります。

 

50代親族の結婚式お呼ばれネイルおすすめデザイン

グラデーションネイル

50代の方が親族として結婚式にお呼ばれした際のネイルデザインでおすすめは、グラデーションです。

気が付けば自分も、甥っ子の結婚式の際つけていったのはグラデーションネイルでした。

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

こちらはブルーグレーのワンピースに合わせて、ラベンダーカラーのグラデーションにして、

1本だけ押し花のグラデーションに。

最後にオーロラパウダーでコーティングして仕上げているので、パールのような光沢が出ています。

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

こちらは深いグリーンのワンピースに合わせてつけました。

ゴールドのグラデーションは、ジェルカラーやラメではなく、

クリアネイルをミラーパウダーでゴシゴシしてグラデーションを作った超時短の方法です。

やり方は、

  1. ベースのクリアジェルネイルを全体に塗布する。→30秒くらい硬化
  2. ノンワイプのトップジェルを全体に塗布する。→30秒くらい硬化
  3. お好きなミラーパウダーをアイシャドーチップなどにとり、爪先から生え際に向かって掃くようにこすりつける。→周りに残ったミラーパウダーをよく掃う
  4. ノンワイプトップジェルを全体に塗布する。→30秒くらい硬化

爪の生え際を透明にしておくと、爪が伸びてきても目立ちにくいのが、

グラデーションネイルのおすすめポイントでもありますね。

シンプルデザイン

50代の方が親族として結婚式にお呼ばれした際におすすめなのは、

やはりゴテゴテと華美なものよりは、すっきりとシンプルなデザインでしょう。

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

ベージュのベースカラーに、クラッシュシェルと金糸や金箔をちょこっと乗せる。

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

透け感のある、ピンクのベースカラーにクリアストーンを1粒2粒乗せる。

50代結婚式お呼ばれネイルを説明する画像

ベースにナチュラルな血色ピンクを塗って、定番の白のフレンチなど、

ジェルネイルは特にもちが良いので、結婚式のお呼ばれ一日だけでなく、

普段使いとしても違和感なく、しばらくつけていられますね。

 

まとめ

ここまで、

  • 50代で親族として結婚式にお呼ばれした際におすすめのネイルカラー
  • 50代で親族として結婚式にお呼ばれした際におすすめのネイルデザイン

について、セルフでも比較的やりやすいものをご紹介してきました。

 

カラーとしては、やはりあまり主張しすぎないベージュやピンクがおすすめ。

しかし、おめでたい席ですから、赤やゴールドなどを部分的に取り入れるのもいいんじゃないかと思います。

デザインでは、シェルや小ぶりのストーンを部分的に乗せたり、定番のフレンチネイル

そのまま普段使いとしてつけ続けていても違和感がないのでおすすめですし、

グラデーションネイルも生え際をクリアにしておけば、爪が伸びてきてもあまり目立たないのでおすすめです。

最近の結婚式は、以前ほど格式ばったものではないことが多いですし、

ネイルの色やデザインもそれほど気にする必要はないのかもしれませんが、

親族という立場もありますし、あまり浮いてしまわないよう

あらかじめどういう感じのお式なのか?聞いておくのが良いかもしれないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました